二三丸釣果速報&予約状況とインフォメーション 5/8(第1 二三丸|片貝支部)

【主な釣果】: イサキ 

5月 8日 (月)

釣り物 イサキ&メバル五目リレー 水深 30~53m

イサキ   22~ 35㎝  0~ 20尾
メバル   20~ 28㎝  0~  2尾
(ウスメバル、トゴットメバル、クロメバル)

外道 ハナダイ、マダイ、ウマヅラ、ソイ

*ゴメンナサイ<(_ _)>
貸切りで急いで帰られたので釣果を聞き忘れてしまいました、
多分是くらいの釣果だと思います。

*今日の写真です、
板橋区の笠原さんです、
訳有って、イサキで顔を隠した写真です。
船頭からのリクエスト聞いて頂き有難う御座いました。


*4月からは、イサキ&ハナダイ五目またはメバル狙いです。

二三丸の予定と予約状況

4月1日から、イサキ&メバル五目のリレー釣りになります、
イサキ釣りのポイントとしては北限の太東沖で釣ってみない?

5月
9日2人、10日1人、11日2人、12日定休日、
13日貸切、14日2人、20日0人午後8人、
27日午前午後貸切り、28日0人、29日貸切
最新&詳しい予約状況は電話にて問い合わせして下さい。

*二三丸公式HPのTOPページのアドレスが変わりました、
お気入りに入れている方は書き換えてね。
http://fumimaru.blue.coocan.jp/

*今日の言い訳ですf(^_^;)
今月から太東沖大根の
北限のイサキポイントが解禁になりました。
北限の海に生きるワイルドなイサキと、
メバル等の底物をリレーで狙います、
釣る楽しみと、食べる喜び、
船釣りの醍醐味を味わって下さい。

今日もイサキ&メバル五目で出船しました。
ほとんどの人が貸竿の初心者で、出船準備に手間取り
予定時間を過ぎてしまったので、どうせ遅れたならと
釣り方のレクチャーをしてから出船しました、
凪は良いのですが、昨日から水温が低いらしい、
イサキ釣りはイサキが少しやる気が有れば
タナ取りさえちゃん出来れば釣れると思うが、
水温の変化に敏感でやる気無くしていると難しいんですよね
20分遅れでポイント到着しました、
水温は到着直前で13℃台から14℃台になりました、
いつものポイントの反応はチョッとバラケタ感じ
潮下側に密度の薄い反応が出ていたので、
あまり期待できないと思いつつ練習のつもりで釣り開始した、
直ぐにアタリは無く少し流れてからポツンと型が出た
その後追加が有ったが続かずポイント移動、
真潮が少し流れていたので、
距離稼げるポイントで流しながら再度レクチャーです、
今度は港の中でと違って実践しながらなので
多少は理解されてきた様に思いました、
ここは最初のポイントよりも指示ダナにコマセが纏まり出し
少しアタリが増えてきて、チョッとホッとしました。
それでもまだ取り込みの手順など拡声器のマイクは手放せない
それでもだいぶ形になってきたので、
更に少しタナの深いポイントに移動してみました、
ココはイサキのサイズは若干小ぶりだが
メバルやキントキ等が釣れる事も有ります、
終盤の水深50mのポイントが
一昨日は二枚潮で非常に釣り辛かったので、
今日も似た潮だと今日のメンバーではオマツリだらけで
釣りにならない事も考えられたので
浅い所で数尾のメバル混じりでイサキ釣りました、
ココのアタリが出なくなり南寄りに移動しました、
潮の流れが緩く反応を長く掴んでいられる様なので来てみた
水温は13℃台後半で低いが反応に乗っていれば釣れる
バタバタ釣れないがポツリ・ポツリ誰かがアタリました。
こんな感じだったのですが、残念な事に朝から一度も
釣りせずにダウンしていた人も居ました。
終盤に1時間半程度メバルを狙いました、
潮の流れは少し早かったが、上下のズレはあまり無くて
釣りには問題は感じませんでした、
ただ海底近くからシャクリ上げてタナを探す?
アタリを拾い出すのは難しいと思って、
今日はイサキ釣りの様にタナ固定で指示してみました、
潮の流れに助けられて、
極々たま~にポツンとメバルが釣れました。
そんな感じで釣りしていた人はチョッとは釣れました。
後の予定で急いでいたので、釣果を聞きそびれました、
これ位釣れたんじゃないかなぁと、適当な釣果です。
ゴメンナサイ<(_ _)>

イサキ釣りのコツは先ず正確なタナ取り、
PEラインの色とマーカーを使って、
自分のコマセカゴまでの水深を測り、
リールのカウンターとの誤差を確認して下さい、
結構誤差の出てしまっている事が有ります、
これを無視してしまうと、タナボケの状態になります。
指示ダナまで仕掛けを落とし、
指示ダナの1~2m下で止めて、
竿を振ってコマセを出してリール1巻、
直ぐにもう1回振ってリール1巻して、
竿を止めてアタリを待つ、
10秒から20秒止めていてアタリが無ければ
また竿を振りコマセを出してリール1巻して待つ、
この待っている間は竿先に注意して
竿は静止しておいて下さい、
活性の良い時のアタリは、
竿先にコツンと出てその後直ぐにコツコツギュギュギューと
突っ込んでいきますから、アワセを入れてリールを巻いて下さい。
活性の上がりきらない時は、
コッときて止まってしまいます、
コッを見逃さずほんの少しスゥッと竿先で誘い上げてみて下さい、
ギュゥッと竿先が絞り込まれるのでアワセを入れてリールを巻いて下さい、
最初のアタリはウマヅラと似ている感じですが、
ウマヅラは出っ歯の前歯でエサをつまむ様に食うので
コッの後にもコッ、コッです、
この感じが理解できれば釣れそうな気がします。

天気   風   波高  水温    潮色 潮流
晴れ S2~7m 1,5m 13,6~16,1℃ 薄澄 真潮少・早

極たまに釣り物が変わる事も有ると思います、
予約時には釣り物の確認をお願い致します。

*船の灯りが点いてから十分に気を付けて乗船して下さい。<(_ _)>

**釣り座確保の方法が変わりました。
船縁やデッキが霜等で滑りやすくなっていたりすることも有るので、
転落や転倒等の事故が起こらない様に、釣り座確保の方法を変更しました。
船宿の、手を洗う流し脇に、釣り座予約ボードを設置しました、
ボードに予約人数を予測して、釣り座番号入りのマグネットが有りますから
ご希望の釣り座のマグネットを持って、受け付けをして下さい。
急な人数の変更などにより、多少お席の移動をお願いする事も御座います、
面倒だと思いますが、ご協力をお願い致します。

**突然の体調不良等どのような状況でも、
連絡が取れる様な状況でしたら、連絡を入れて下さい。
連絡の無いドタキャンは困ります。(~_~;)

*探見丸スマートが使えるよ!
SHIMANOのサイトからアプリダウンロードして下さい、
但しバッテリーの残量には十分な配慮をしてね。

**有ってはならない事ですが、万が一の為に乗船前から
ライフジャケットは、必ず装着しましょう!
*膨張式ライフジャケットの、ボンベの期限は過ぎていませんか?
単純な構造の物なので、期限切れ=不膨張とはならないとも思いますが、
万が一の時に命を守る為のアイテムですから、チェックして下さい。

**乗船名簿の記入に際してのお願いです。
電話番号は、ご自身の携帯の番号ではなく
イザと言う時にご家族に連絡がとれる様にお願いします。
住所と名前は、楷書でお願いします。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る