(第1 二三丸|片貝支部)

釣果速報&予約状況とインフォメーション

5月 19日 (金)

釣り物 イサキ&メバル五目リレー 水深 30~53m

  イサキ   22~ 36㎝  13~ 30尾
*竿頭同数2人
メバル   20~ 28㎝   3~ 15尾
(ウスメバル、トゴットメバル、)

*今日の写真です、
板橋区の太楽さんです、
太楽さんの3点掛からメバルラッシュ始まりました\(^o^)/
外道 ハナダイ、マダイ、ウマヅラ、

*4月からは、イサキ&メバル五目またはハナダイ五目です。

二三丸の予定と予約状況

4月1日から、イサキ&メバル五目のリレー釣りになりました、
イサキ釣りのポイントとしては北限の太東沖で釣ってみない?

5月
20日満員、午後9人、21日1人、22~25日0人、
26日定休日、27日午前午後貸切り、28日0人、29日貸切
最新&詳しい予約状況は電話にて問い合わせして下さい。

*二三丸公式HPのTOPページのアドレスが変わりました、
お気入りに入れている方は書き換えてね。
http://fumimaru.blue.coocan.jp/

*今日の言い訳ですf(^_^;)
4月から太東沖大根の
北限のイサキポイントが解禁になりました。
北限の海に生きるワイルドなイサキと、
メバル等の底物をリレーで狙います、
釣る楽しみと、食べる喜び、
船釣りの醍醐味を味わって下さい。

残念ですが、
今日のコメントにはフィクションの部分は有りません。

天気が良くて、風も弱く、
海も穏やかな釣り日和でした、
北限のイサキのポイントは、
水温はあまり変わりませんでしたが、
潮色は少し濁った感じでした、
反応はいつもの様に有ったので始めると直ぐにアタリは出て、
何時もの様な良型のイサキが釣れましたが
船は真潮に流れるのにアタリの出方は逆潮に片寄り
風も殆ど無いので少しずつ船の向きを変えていくと、
素直に釣れる場所も変わってくれました、
ほぼ360℃回ったところでポイントから外れたので潮回り、
今度は逆向きから180℃回して終了!
ポイントを移動しました、少しだけ風が出てきたので
頭だけスパンカーを下げて船の向きを変えやすくした、
船の向きをコントロールしながら流しました、
ココもマズマズの釣れ方だったので
気を良くして少しタナの深いポイントに移動した
残念ながらココは反応も少なくイマイチだったので、
更に移動したポイントはやや小ぶりも混じるが、
焼き魚用に良いサイズでもあるので一流しした、
ココからもう1ヵ所移動したがあまりパットせず、
メバル狙いに切り替えました。

ポイントを移動して到着すると
水温が少し上がったので真潮の読みで入れたら流れない
残念ながら最初の流しは失敗で型だけでした、
流れない事が判ったので、2回目以降は反応の真上に船止めた、
アタリが出たぞ!と思っていたら3点掛けも!
急いで写真を撮って操舵室に戻ると、
反応が大きくなって、数人が巻き上げ中!
小さめのトゴットと良型のウスメバルの混じりで釣れています
この流しを終わってからは、
小さな根っこの小さな反応を探してみました、
風も弱く波も無く潮流も無いので、
小さな反応を探せたし、船を止められたので、
好調に釣れて、桶の中は見る見る華やかなオレンジ色になりました。
天気   風    波高    水温     潮色   潮流
快晴  NE3m  1,5m  16,1~17,1℃ 薄澄 真潮極々少し
極たまに釣り物が変わる事も有ると思います、
予約時には釣り物の確認をお願い致します。
*船の灯りが点いてから十分に気を付けて乗船して下さい。<(_ _)>

**釣り座確保の方法が変わりました。
船縁やデッキが霜等で滑りやすくなっていたりすることも有るので、
転落や転倒等の事故が起こらない様に、釣り座確保の方法を変更しました。
船宿の、手を洗う流し脇に、釣り座予約ボードを設置しました、
ボードに予約人数を予測して、釣り座番号入りのマグネットが有りますから
ご希望の釣り座のマグネットを持って、受け付けをして下さい。
急な人数の変更などにより、多少お席の移動をお願いする事も御座います、
面倒だと思いますが、ご協力をお願い致します。

**突然の体調不良等どのような状況でも、
連絡が取れる様な状況でしたら、連絡を入れて下さい。
連絡の無いドタキャンは困ります。(~_~;)

*探見丸スマートが使えるよ!
SHIMANOのサイトからアプリダウンロードして下さい、
但しバッテリーの残量には十分な配慮をしてね。

**有ってはならない事ですが、万が一の為に乗船前から
ライフジャケットは、必ず装着しましょう!
*膨張式ライフジャケットの、ボンベの期限は過ぎていませんか?
単純な構造の物なので、期限切れ=不膨張とはならないとも思いますが、
万が一の時に命を守る為のアイテムですから、チェックして下さい。

**乗船名簿の記入に際してのお願いです。
電話番号は、ご自身の携帯の番号ではなく
イザと言う時にご家族に連絡がとれる様にお願いします。
住所と名前は、楷書でお願いします。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る