6月 12日 (日)

釣り物 イサキ&ハナダイリレー 水深 30~45m

イサキ  21~ 37㎝  10~ 36尾
ハナダイ  20~ 26㎝   0~  6尾
メバル  18~ 25㎝   0~  4尾

外道 マダイ、ウマヅラ、

 

16-6-12-1

*タックルの道糸に付いてのお願いです、
道糸は1mごとのマーカーの付いている糸をご用意下さい、
ライトタックルの方はPE1~2号(2号推奨)
ノーマルタックルの型はPE4号前後(4号推奨)です、
リールのカウンターは誤差が出てしまいます、
誤差の確認の為にも、マーカー付の糸を巻いといてね<(_ _)>

*ライトタックルのお客様にお願いです、
当船では、ライトタックルのコマセカゴはサニーのスリムカゴか
チビライト、もしくは同等サイズでお願いしています、
FLライト40号の使用は認めていませんので
FLサイズを使用する場合は60号でお願いします<(_ _)>
該当するコマセカゴが無い場合は、
申しで頂ければ貸し出し用が御座います、
無料でお貸ししています、遠慮なくお申し付け下さい。

*今日の言い訳ですf(^_^;)
4月から太東沖の大根のイサキ釣りが解禁になりました、
ココはイサキの生息域では、ほぼ北限になります、
北限の地で越冬したワイルドなほぼ北限のイサキを釣りに来ませんか?

今日もドタキャン(T_T)、昨日は連絡無し連絡取れず1人、
今日は2人一組、連絡有ったけど、
天気良く凪予報の週末のドタキャンは萎えるわぁ((+_+))
なんだかテンションが全然上がらない半日でした、ゴメンナサイ<(_ _)>

いつものポイントから始めたが、
昨日より1℃位水温が低く、反応有るがアタリ悪い、
ソコに来て、タナをきちんと取ってもらえない、
指示ダナより更に5m程下までコマセを下げて、
そこからコマセを振り上げてくる人が居る、
指示ダナより5m位下に有るコマセカゴが
魚群探知機に写り込んでいる(>_<)
口酸っぱく、指示ダナの下1m~上2mの間でだけ
コマセを撒いて下さい、リールのカウンターの誤差は
道糸の色とマーカーを使って確認して下さい!
とお願いしているのに拘らず、目茶苦茶です、
本人が釣れないだけとか、小さい魚が釣れるとかなら良いが、
何人もいると周りの人が巻き込まれてしまうので、
タナは守る、タナは合せるを心掛けて下さい、
愚痴っぽいコメントですが、そんな状況でテンション上がらず仕舞い
釣果速報用の写真も撮り忘れていました。

イサキとハナダイは、仕掛けと道具は似ていても、
魚の習性で釣り方が違います、
そんな事も考えて、拘って釣りした方が面白いと思うんだけどな、
という事で、今日はサイズも量も昨日に及びませんでした。

*今日の写真は、
ご免なさい<(_ _)>、取り忘れました。
今朝の日の出の写真で我慢して下さい。

天気     風    波高    水温   潮色  潮
晴-薄曇  無風~S2m 1,5m 20,1~20,8℃  澄  出真潮少し

*釣り物と予約状況

4月からは、イサキ&ハナダイ五目リレーになりました。

予約状況 13~17日0人、
18日3人、19日7人

極たまに釣り物が変わる事も有ると思います、
予約時には釣り物の確認をお願い致します。

*船の灯りが点いてから十分に気を付けて乗船して下さい。<(_ _)>

**釣り座確保の方法が変わりました。
船縁やデッキが霜等で滑りやすくなっていたりすることも有るので、
転落や転倒等の事故が起こらない様に、釣り座確保の方法を変更しました。
船宿の、手を洗う流し脇に、釣り座予約ボードを設置しました、
ボードに予約人数を予測して、釣り座番号入りのマグネットが有りますから
ご希望の釣り座のマグネットを持って、受け付けをして下さい。
急な人数の変更などにより、多少お席の移動をお願いする事も御座います、
面倒だと思いますが、ご協力をお願い致します。

**突然の体調不良等どのような状況でも、
連絡が取れる様な状況でしたら、連絡を入れて下さい。
連絡の無いドタキャンは困ります。(~_~;)

*探見丸スマートが使えるよ!
SHIMANOのサイトからアプリダウンロードして下さい、
但しバッテリーの残量には十分な配慮をしてね。

**有ってはならない事ですが、万が一の為に乗船前から
ライフジャケットは、必ず装着しましょう!
*膨張式ライフジャケットの、ボンベの期限は過ぎていませんか?
単純な構造の物なので、期限切れ=不膨張とはならないとも思いますが、
万が一の時に命を守る為のアイテムですから、チェックして下さい。

**乗船名簿の記入に際してのお願いです。
電話番号は、ご自身の携帯の番号ではなく
イザと言う時にご家族に連絡がとれる様にお願いします。
住所と名前は、楷書でお願いします。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る