二三丸釣果速報 6/29

 6月 29日 (水)

釣り物 イサキ&アジ 水深 30~45m

イサキ  25~ 40㎝  1~ 17尾


外道 マダイ、ハナダイ、ウマヅラ、

16-6-29-2

*スソは船酔いで寝ていた人

*タックルの道糸に付いてのお願いです、
道糸は1mごとのマーカーの付いている糸をご用意下さい、
ライトタックルの方はPE1~2号(2号推奨)
ノーマルタックルの型はPE4号前後(4号推奨)です、
リールのカウンターは誤差が出てしまいます、
誤差の確認の為にも、マーカー付の糸を巻いといてね<(_ _)>

*ライトタックルのお客様にお願いです、
当船では、ライトタックルのコマセカゴはサニーのスリムカゴか
チビライト、もしくは同等サイズでお願いしています、
FLライト40号の使用は認めていませんので
FLサイズを使用する場合は60号でお願いします<(_ _)>
該当するコマセカゴが無い場合は、
申しで頂ければ貸し出し用が御座います、
無料でお貸ししています、遠慮なくお申し付け下さい。

*今日の言い訳ですf(^_^;)
4月から太東沖の大根のイサキ釣りが解禁になりました、
ココはイサキの生息域では、ほぼ北限になります、
北限の地で越冬したワイルドなほぼ北限のイサキを釣りに来ませんか?

今日の天気は曇りで夜から雨の降る予報だったのに、
朝から小雨が降っていてテンション下がり気味なのに、
寝坊で1人ドタキャンの連絡です、まぁ連絡来ただけ良しとしましょう、
イサキはいつものポイントから始めましたが、
水温18℃、潮色真っ黒け!殆ど流れない、
何とか型は出たが、後が続かないので少し移動した、
その後転々とポイントを移動してみました、
潮が流れず、最初にポツポツ釣れて
その反応をそのまま掴んでいても、
釣れなくなるので移動したくなります、
潮目が来て少し水温が上がると、
上潮だけ流れ出し二枚潮になりだしました、
潮目の近くだけかと思い少し沖に出てみたら、
更に水温が上がり、酷い二枚潮になってしまいました。
今度はナダ寄りに移動しました、
最初のポイントは直近の過去の実績も有る所で
反応も有ったのですが、型が出ませんでした、
隣のポイントも反応は有っても型が出ません、
これでは拙いと大幅にナダ寄りに移動してみたら、
反応が無い!有っても釣れないのに
無かったらもっと釣れないだろうと、
反応の有りそうな所を探して釣りしてみたが釣れない、
何故イサキに拘って走り回ったかと言うと、
アジの反応が無いらしい?、
旋網船団が朝から反応を探していたが見つけられなくて
操業できず帰港するという情報だったんです、
高性能ソナーの装備された探索船が何隻も探しても
見つけられない反応は、オイラには無理です、
終盤に根の中の小さい反応で釣りしてみたがダメでした。

*今日の写真は、
八街市の戸村さんです、
丸みの有る美味しそうな体形のイサキでしたよ。

天気   風   波高   水温    潮色    潮
小雨・曇 NE4m  2m  18,1~20,5℃  濁り 真潮やや二枚

*釣り物と予約状況

4月からは、イサキ&ハナダイ五目リレーになりました。

予約状況 30日0人、7月1日0人、2日貸切り、3日8人
9日3人、17日貸切、

極たまに釣り物が変わる事も有ると思います、
予約時には釣り物の確認をお願い致します。

*船の灯りが点いてから十分に気を付けて乗船して下さい。<(_ _)>

**釣り座確保の方法が変わりました。
船縁やデッキが霜等で滑りやすくなっていたりすることも有るので、
転落や転倒等の事故が起こらない様に、釣り座確保の方法を変更しました。
船宿の、手を洗う流し脇に、釣り座予約ボードを設置しました、
ボードに予約人数を予測して、釣り座番号入りのマグネットが有りますから
ご希望の釣り座のマグネットを持って、受け付けをして下さい。
急な人数の変更などにより、多少お席の移動をお願いする事も御座います、
面倒だと思いますが、ご協力をお願い致します。

**突然の体調不良等どのような状況でも、
連絡が取れる様な状況でしたら、連絡を入れて下さい。
連絡の無いドタキャンは困ります。(~_~;)

*探見丸スマートが使えるよ!
SHIMANOのサイトからアプリダウンロードして下さい、
但しバッテリーの残量には十分な配慮をしてね。

**有ってはならない事ですが、万が一の為に乗船前から
ライフジャケットは、必ず装着しましょう!
*膨張式ライフジャケットの、ボンベの期限は過ぎていませんか?
単純な構造の物なので、期限切れ=不膨張とはならないとも思いますが、
万が一の時に命を守る為のアイテムですから、チェックして下さい。

**乗船名簿の記入に際してのお願いです。
電話番号は、ご自身の携帯の番号ではなく
イザと言う時にご家族に連絡がとれる様にお願いします。
住所と名前は、楷書でお願いします。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る