「はり(針と鈎)」について

image

釣りで「はり」と言えば、通常「鈎」という漢字を書きます。
普段、みなさんが見慣れている「針」とは書きません。
では、「針」と「鈎」、何が違うのでしょうか?

実は「鈎」という漢字、先が曲がった「はり」を意味します。
逆に「針」という漢字は、先が真っ直ぐなものに使います。

英語で、
「ニードル(needle)」といえば「針」
「フック(hook)」といえば「鈎」
と言うことです。
こっちの方が覚えやすいかも。

また、「鈎」と「鉤」もありますが、これは同義語です。

いやぁ、勉強になりますね。
これでもう、「はり」の使い分けは完璧です(^^)

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る