(第1 二三丸|片貝支部)

  明日発売のデイリースポーツに、
二三丸のお客様の高山さんの紹介記事が掲載されます、
チャンスが有れば是非見て下さい。

8月 7日 (日)

釣り物 LTヒラメ  水深 29~30m

ヒラメ  0,5~ 2,7㎏  0~ 1枚

外道 無し

16-8-7-1(第1 二三丸|片貝支部)

*今日の写真は、
練馬区の川崎さんです、
厳しい状況でしたが、こんな良型ヒラメが釣れました。

 *台風の影響で、ウネリ大きく港口の波が割れだした為に
9時30分に沖上がりして帰港しました。

*8月から片貝沖のヒラメが部分解禁になりました(^o^)丿
二三丸のヒラメはライトタックル専門です、
道糸PE2号以下(PE1号は勧めません)
オモリ40号を使います。
道糸が細過ぎると根擦れで簡単に切れてしまいます、
道糸を細くしてもオモリを軽く出来ません、
オモリを軽くすると、オモリをエサのイワシが
引っ張って泳いでしまうからね。
*今日の言い訳ですf(^_^;)

今日もLTヒラメで出船しました。
台風5号の影響で波が高く、港口の波が割れ出してしまい、
9時30分に沖上がりして帰港しました。
質量の大きなウネリが入っていたので、
海の底が荒れ出したのか?道糸に汚れが目立つ様になり
アタリも少なく、釣れたのは漁礁に食い込んだ所でした。

風が弱かったので、上凪は良かったのですが、
ウネリは3m以上がコンスタントに有って、
漁礁の中は底を切る事が難しいとは思ったが、
底が荒れしだしていれば中に食い込んだ所かと思い、
漁礁ポイントで、漁礁を外して投入して、
風に打瀬て漁礁にくい込んで流してみました、
すると案の定、漁礁から外れた所ではアタリ無く、
漁礁にくい込んで流していると、
極た~まにアタリが出る事が有りました、
しかしながら、3m以上のウネリで上下している状況では
漁礁の上を根掛かりギリギリで底立ちを取る事は神業です、
今日ヒラメが釣れたかどうかは、
腕の問題より運の問題かもしれませんね。
早くに帰港した船が、「港口の波が割れて悪いよ」と連絡が入り
それで帰港した船も、「時化ると波割れちゃってるよ」と連絡くれて、
9時30分に沖上がりして帰港しました。

天気  風     波高    水温     潮色   潮流
晴  NE4m  3,5m  27,4~27,8℃やや澄  出潮極々少し

*釣り物と予約状況
予約状況、
8月から釣り物がLTヒラメになります、予約受付中!
8日&9日時化の為休み、10日11人、
11日13人、12日7人、13日4人、14日3人

極たまに釣り物が変わる事も有ると思います、
予約時には釣り物の確認をお願い致します。
*船の灯りが点いてから十分に気を付けて乗船して下さい。<(_ _)>

**釣り座確保の方法が変わりました。
船縁やデッキが霜等で滑りやすくなっていたりすることも有るので、
転落や転倒等の事故が起こらない様に、釣り座確保の方法を変更しました。
船宿の、手を洗う流し脇に、釣り座予約ボードを設置しました、
ボードに予約人数を予測して、釣り座番号入りのマグネットが有りますから
ご希望の釣り座のマグネットを持って、受け付けをして下さい。
急な人数の変更などにより、多少お席の移動をお願いする事も御座います、
面倒だと思いますが、ご協力をお願い致します。

**突然の体調不良等どのような状況でも、
連絡が取れる様な状況でしたら、連絡を入れて下さい。
連絡の無いドタキャンは困ります。(~_~;)

*探見丸スマートが使えるよ!
SHIMANOのサイトからアプリダウンロードして下さい、
但しバッテリーの残量には十分な配慮をしてね。

**有ってはならない事ですが、万が一の為に乗船前から
ライフジャケットは、必ず装着しましょう!
*膨張式ライフジャケットの、ボンベの期限は過ぎていませんか?
単純な構造の物なので、期限切れ=不膨張とはならないとも思いますが、
万が一の時に命を守る為のアイテムですから、チェックして下さい。

**乗船名簿の記入に際してのお願いです。
電話番号は、ご自身の携帯の番号ではなく
イザと言う時にご家族に連絡がとれる様にお願いします。
住所と名前は、楷書でお願いします。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る