「釣座」とは?(初心者にオススメの釣座は?)

PA040139.jpg

「釣座」とは、読んで字のごとく「釣りの時に座る場所」のことです。
「釣座」が釣果を左右することはよくあること。
できるだけ釣れる場所に釣座を確保したいですよね。

では、船釣りで好まれる「釣座」とはどこでしょう?
釣り物や技術レベルによって好みが分かれますが、初心者でも釣果が出しやすいのは船の後方「とも」です。
比較的揺れも少なく釣りやすさ抜群。
一方、船の前方「みよし」は揺れが大きく、慣れていないと若干の危険を伴います。
船釣り中級以上の方には、キャストがしやすく好まれますが初心者にはオススメできません。
「とも」「みよし」について詳しくはこちら

そこで、私が初心者の方に一番オススメしたい釣座は、「とも」でも「みよし」でもない特等席があります。
それは・・・
船長の近く
です。
仲乗りさんがいれば別でしょうが、右も左も分からない初心者には船長のアドバイスほど心強いものはありません。

船釣りのルールがよくわからない、ラインシステムが組めない、仕掛けがわからない、などなど初心者には不安がイッパイです。
でも、船長の近くの釣座ならそこら辺、船長に聞けばよいのです。
また、船長は釣り方のアドバイスもくれます。
しかも、釣座の中で競争率が低く、比較的ゆったり釣りができます。

初心者が釣果をあげるためには、「釣り方のコツ」が釣座以上に優先します。
ベテランの方々に紛れて釣座争いをするのは少し慣れてからにして、はじめのうちは船長のアドバイスを受けながらゆったりと船釣りを楽しんで下さい。
きっと期待以上の釣果につながりますよ(^^)

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る