【タイラバ】とは?

「タイラバ」とは、ルアー釣りの一種で主に真鯛をねらう釣法です。
マダイ狙いと言っても釣れる魚は多種多様で、真鯛はもちろんカサゴ、マハタ、ヒラメ、さらには青物なども釣れてしまいます。
DSC_0118

下の写真がいわゆる「タイラバ」仕掛け一式です。
DSC_0119
ヘッド、ラバー、ネクタイ、鉤で構成されています。

主にベイトタックルで行う釣りです。
PE0.6〜1.0号をメインラインに、ハリスはフロロカーボン3〜4号を3ヒロ(5m)程度FGノットなどでラインシステムを組みます。
ハリスはチチワ結びにし、タイラバと接合します。
なぜチチワか?
遊動式のタイラバヘッドはチチワで接合されていれば、自由に動くことができるからです。

釣り方は単純明快で、タイラバを着底させ、リールを10回くらい巻いて、また着底させて巻くという作業を繰り返すのみです。
しかし、この落として巻くという単純に思える作業に様々なノウハウが隠されています。
詳しい釣り方などは実釣レポートを参照して下さい。
第1回実釣レポート【岩和田港・長栄丸】
第3回実釣レポート【川津港・とみ丸】
私もまだまだ研究中です^^;

落としてマキマキ落としてマキマキ・・・この動作に隠されたコツを掴めば、真鯛からマハタのような超高級魚など色々釣れてしまうタイラバ。
今後、さらに注目されていくだろう釣法です。

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る