二三丸釣果速報 12/11(第1 二三丸|片貝支部)

【主な釣果】: ヒラメ 

12月 11日 (日)

釣り物 LTヒラメ  水深 27~30m

ヒラメ  0,4~ 1,5㎏  0~ 3枚

外道 ソイ、カサゴ

*5時集合です、年末は30日まで、
年始は3日から出船します。

*竿頭同数5名でした。

16-12-11-1(第1 二三丸|片貝支部)

*今日の写真は、
ゴメンナサイ<(_ _)>
沖で写真を撮る精神的余裕が有りませんでした。(>_<)

これも漁礁です先日の鉄骨系櫓の回りに設置されます、

大きさが判りづらいですが、1辺が3mの立方体です。

*二三丸公式HPのTOPページのアドレスが変わりました、
お気入りに入れている方は書き換えてね。
http://fumimaru.blue.coocan.jp/

*10月から片貝沖のヒラメ釣りが全面が解禁になりました。
二三丸のヒラメはライトタックル専門です、
道糸PE2号以下(PE1号は勧めません)
オモリ40号を使います。
道糸が細過ぎると根擦れで簡単に切れてしまいます、
道糸を細くしてもオモリを軽く出来ません、
オモリを軽くすると、オモリをエサのイワシが
引っ張って泳いでしまうからね。
横流しはしないので、重いオモリは必要ないよ(‘◇’)ゞ

*今日の言い訳ですf(^_^;)
LTヒラメで出船しました。

北西の弱い風で海は良い凪でしたが、
昨日の暗い潮色は変わっていませんでした、
潮も流れず少し強引に流す事が多く
ヒラメは底で釣る魚だと思っている人には
底の切り方のハードルが少し高い釣りだったみたいで、
頻繁にオマツリを起す人も居たが、
暗い潮色で底を切り過ぎるとアタリが出なそうだし、
底を取りやすい様に糸を真っ直ぐにすると流れないし、
少しウタセて強引な流し方をすると、
底立ちの取り方の悪い人は、
糸が出て行ってオマツリしたりして、
お客様も船頭もストレス溜りました。
今日のパターンは深めのタナをナチュラルに泳がすかな?
釣れなかった人の分析をしてみると、
無駄な誘い?が多く、竿に落ち着きが無くオマツリが多い、
もう一人は、アタリ待ち中に竿がほぼ真下を向いているので
船の揺れを竿が吸収できず、オモリがいきなり底を叩き
ミヨシの釣り座で揺れが大きく、根掛かりのリスクが高い、
折角の活きイワシ餌なので、
ヒラメに違和感無く狙ってもらった方が良いかもね。

片側にオデコの人が残ってしまったので、
ソコに照準を合わせて流していたので、
オデコの人以外は、全員が竿頭でした、
反対側は、1人だけ竿頭と同数で、
他の人は全員が1枚落ちの釣果でした、
釣果としての数は伸びなかったが、
オデコの人が型を見てくれれば、
平均して釣れていたので良かったのですが、
オデコの人を残してしまった事に、
船頭としてまだまだ未熟だと反省しています。

天気   風   波高  水温   潮色   潮流
薄曇 NW5m  1,5m  17,2℃  濃緑  流れない

*釣り物と予約状況
LTヒラメ、16名の限定で予約乗り合いです。
12月から集合時間が30分遅くなり5時集合になりました。
12日0人、13日4人、16日2人、17日5人、18日3人、
23日5人、24日5人、30日3人
*年末は30日まで営業します、
年始は、3日からの営業です。

極たまに釣り物が変わる事も有ると思います、
予約時には釣り物の確認をお願い致します。

*船の灯りが点いてから十分に気を付けて乗船して下さい。<(_ _)>

**釣り座確保の方法が変わりました。
船縁やデッキが霜等で滑りやすくなっていたりすることも有るので、
転落や転倒等の事故が起こらない様に、釣り座確保の方法を変更しました。
船宿の、手を洗う流し脇に、釣り座予約ボードを設置しました、
ボードに予約人数を予測して、釣り座番号入りのマグネットが有りますから
ご希望の釣り座のマグネットを持って、受け付けをして下さい。
急な人数の変更などにより、多少お席の移動をお願いする事も御座います、
面倒だと思いますが、ご協力をお願い致します。

**突然の体調不良等どのような状況でも、
連絡が取れる様な状況でしたら、連絡を入れて下さい。
連絡の無いドタキャンは困ります。(~_~;)

*探見丸スマートが使えるよ!
SHIMANOのサイトからアプリダウンロードして下さい、
但しバッテリーの残量には十分な配慮をしてね。

**有ってはならない事ですが、万が一の為に乗船前から
ライフジャケットは、必ず装着しましょう!
*膨張式ライフジャケットの、ボンベの期限は過ぎていませんか?
単純な構造の物なので、期限切れ=不膨張とはならないとも思いますが、
万が一の時に命を守る為のアイテムですから、チェックして下さい。

**乗船名簿の記入に際してのお願いです。
電話番号は、ご自身の携帯の番号ではなく
イザと言う時にご家族に連絡がとれる様にお願いします。
住所と名前は、楷書でお願いします。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

実釣レポート
ページ上部へ戻る